今日私たちの身の回りには多くの情報が行き交い、24時間いつでも国内はもとより世界中の様々な情報を瞬時に手に入れることができるようになってきました。 こうしたなか、「ニューメディアプラザ山口」(通称:NPY)は21世紀を展望した「情報先進県・山口」のシンボルタワーとして人と情報とが感性豊かに触れ合う、 先進性・話題性豊なインテリジェントビルとすることを目標に、各種情報センターのコンピュータを一元化する「総合コンピュータルーム」や 「多目的シアター」「イベントホール」などの開放施設等数々の新しい試みを全国に先駆けて導入し、平成2年に建設されました。

コンセプト

通商産業省のニューメディアセンター(民活法3号施設)と郵政省のテレコムプラザ(同4号施設)を併設した施設として、 土地信託方式により両省の認定をうけ整備された「ニューメディアプラザ山口」(通称:NPY)は、 21世紀を展望した「情報先進県・山口」のシンボルタワーです。

 

「高度情報通信全県ネットワーク構想」の拠点として、また情報通信関連産業の集積や地域発展の核として、 先進性・話題性豊かなインテリジェントビルとなることを目的としています。

詳細情報

名  称

ニューメディアプラザ山口ビル
(通称:NPYビル)

住居表示 〒753-0077
山口県山口市熊野町1番10号
築  月  年 平成2年4月
敷地面積 3,104.09㎡
建築面積 1,648.54㎡
延床面積 9,658.98㎡
階  数 地上10階、塔屋1階
構  造 鉄骨鉄筋コンクリート造
用  途 事務所